おすすめ 引越し業者

おすすめの引越し業者

 

おすすめ引越し業者は色々ありますが、価格・サービス・スタッフの質から総合的にセレクトしました。

 

赤帽

 

私が引越しをした時はひとり分なので、荷物は少ないので、引越し業者に頼む程でもない…と思い、赤帽に依頼しました。

 

(荷物の量は、軽トラ1台におさまるくらい)単純にトラックを運転してもらうだけな感覚。

 

もともとは荷物を運んでもらう契約はしていませんでしたが、こちらは女性ということもあってか、重い物は階段の上までは運んで手伝ってくれました。

 

それだけなので、価格は引越し専門の業者よりはずっと安かったはずです。

 

トラブルは特にありませんでしたし、荷物は少なく、体力もあるならば、おすすめの方法かもしれません。

 

大きい家具などを包むふとんも、多少はトラックに積んであったみたいで、それを使わせてもらったのもよかったです。

 

 

ゼイアール引越センター

 

公営住宅の3階から、すぐ近所(2キロくらい)に購入した戸建てへの引越しでした。

 

自分たちで運ぶことができるものは、段ボールに詰めて数日に分けて運ぶことにして、家財道具・嫁入箪笥・食器棚など大きくて運べないものをお願いすることにして、数軒の業者に見積もりを取りましたが「安くてサービスも良かったから、良いよ」という友人のおすすめのところに決めました。

 

当日、スタッフの中にとても背の高い外国人の男性のかたが1名来られていて、雑巾を持って、箪笥の上のホコリや手の届かない場所の掃除を引き受けてくださいました。

 

近い場所とはいえ初めての引越しに戸惑っていた私を、片言の日本語で話しながらとてもリラックスさせてくださったことが、とても印象的でした。

 

若いけれど、感じの良いキビキビしたスタッフさんばかりだったので、嫌なことがなく、良い思い出になっています。

 

 

ハート引越センター

 

比較的安い引越し業者を探していて、ハート引越センターの評判を聞いて頼んでみたのですが、良心的な金額で丁寧で迅速な対応をしていただいたのでとても助かりました。
年末の忙しい時期だったと思いますが、細かい荷物の梱包などを自分たちで出来る限りまとめていたのでそこまでバタバタせずに引越しを終えることができました。

 

ただ、わたしの引越し先は道路が狭い住宅街だったのでトラックを止める場所を指定するのに苦労しました。

 

ここは想定外だったので、いざ荷物を搬入するときに少し手間取ってしまったのを覚えています。

 

もし、これから引越しを検討する機会のある方は引越し先にトラックを止めて搬入する場所を把握しておくということも大切かもしれません。

 

そして、引越し業者の方へきちんと伝えて段取りをしておくのもいいかもしれませんね。

引越し準備で気を付けること

 

アリさんマークの引越社で引越しをしました。

 

引越しと言えば、1番手こずるのは、荷造り。

 

荷造りを終わらせないことには、引越しできません。

 

荷造りをスムーズに行なうためには、まず事前に必要なものをきちんと揃えてからスタートすること。

 

おすすめ引越し業者|価格・サービス・スタッフの質から総合的にセレクト

荷造りに必要な物は、4個あります。

 

まずは絶対に必要なダンボール。

 

単身の場合は大小合わせて20箱程度用意しておけば大丈夫だと思います。

 

2個目はガムテープ。

 

私の場合は1個しか用意してなく、後で足りなくなり当日業者の方にお借りする羽目になったので、2個はあるといいと思います。

 

3個目は新聞紙。

 

食器類を梱包するのに使用します。

 

新聞を取ってない方が多いと思います。

 

私も取ってなく、100均で買い物した際に置いてあった新聞紙を貰いました。

 

4個目は油性ペン。

 

ダンボールに何が入ってるか、どこに置くのかを書くのに必要になります。

 

これをきちんと書いておかないと後でとっても困ります。

 

以上の4つを用意し、いよいよ梱包スタート。

 

まずは普段使わない物から荷造りを始めることが肝心です。

 

読んでない本や使ってない食器類、季節外れの洋服などから梱包していきます。

 

次に、重たい物は小さい箱、軽い物は大きい箱に詰めます。

 

あまり重くしすぎるとダンボールが壊れてしまうケースがあるので、注意が必要です。

 

液体類を入れる時は、開封済みのものは蓋にラップをし、輪ゴムで止めて、ビニールに入れてダンボールに入れるといいと思います。

 

食器類は新聞紙で包み、更にタオルで包むと良いと思います。

 

梱包が大体終わったら、ダンボールに何が入っていてどこに置くのかを記入します。

 

これをきちんとしておかないと、現地に着いた時、開封作業に苦労する羽目になるので、できるだけ具体的に書いて置くと良いと思います。

 

以上が私が引越しをして学んだことです。

 

ちなみに、ペットを飼っている方は、引越し当日はどこかに預けて置いた方がいいと思います。

 

ダンボールの中に入りこんで気がつかず運ばれてしまい、いなくなったと大騒動になるケースもあるそうですので。